(全国)月別_一日平均救急搬送人員数

月別_一日平均救急搬送人員数の傾向を見てみると、寒い時期(1月・2月・12月)や暑い時期(7月・8月)に、救急搬送人員が増えることが分かる。逆に、過ごしやすい時期(4月~6月・9月~11月)は救急搬送人員が少なくなる。
救急搬送人員が最も多い月(7月)と最も少ない月(5月)の差は、24%と月単位の変動率が大きく、職員の有給休暇取得や救急外来の人的資源の有効活用を検討するためには、重要な指標といえる。