(3級)予想問題_11

出題科目:「2.日本の医療政策と地域医療システム」(第1章_医療保険制度の仕組み)

問 以下の選択肢のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

  1. 診療報酬は、診療(請求)した月の2か月後に医療機関に支払われる。
  2. 中央社会保険医療協議会(中医協)は、支払側委員7名、診療側委員7名、公益委員6名の計20名から構成されている。
  3. 日本の公的医療保険制度は、原則として「混合診療」を禁止している。
  4. 世界の主要国の医療保障制度は大きく税方式と社会保険方式に分かれるが、税方式の代表はドイツである。

解答

  1. 〇 診療(請求)した後、審査支払期間の審査を経て、2か月後に医療機関に支払われる。
  2. 〇 この他、専門委員として、(10名以内の)看護や医薬品等の専門家が参加している。
  3. 〇 混合診療とは、一連の診療行為について、保険診療と自由診療を組み合わせることをいう。
  4. × ドイツは社会保険方式である。税方式にはイギリス、スウェーデンなどがある。