(3級)予想問題_3

出題科目:「1.医療経営史」(第3章_病院の歴史)

問 以下の選択肢のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

  1. 紀元前にも病院は存在した。
  2. 15世紀末頃に都市の自立が始まり、自治体病院が増加した。看護人はそれまでの修道女から訓練された看護人に代わった。
  3. 日本における本格的な病院の第1号は、1862年にオランダ海軍軍医ポンペ(1829-1908)の提案で造られた長崎養生所である。
  4. 日本は私立病院の数が多いのが特徴である。

解答

  1. 〇 紀元前は、病院と宗教の関係が強く、神官による催眠療法などが行われた。
  2. × 「修道女から訓練されていない看護人に代わった」が正しい。訓練されていない看護人による看護は、ナイチンゲール(1820-1910)が登場し、看護改革をするまで続いた。
  3. 〇 長崎養成所に倣い、各地でお雇い外国人を教師とする病院が造られた。
  4. 〇 日本の病院の約7割が私立病院(民間病院)である。